CORE SITES‎ > ‎中国 太湖流域‎ > ‎

淡水魚の多様性と食文化の多様性

 日本と比較すると、中国では実に多様な淡水魚を食べられています。ナマズ、ギギ、コイ、オオタナゴ、タウナギ、チョウザメ(キャビアを取った残り?)・・・etc。このような豊かな食文化は、豊かな生物多様性あってのものと思われます。一方でこのような食に対するどん欲さは、うまく利用すれば、水辺の生物多様性を保全する際の一つの鍵になるかもしれないとさえ感じています。現地調査旅行では、できるだけ淡水魚の料理を注文してそれを記録として残すようつとめています。
 
Comments