Asia Forest Workshop 2013 (3rd-4th December, 2013)

国際会議“アジア森林ワークショップAFW2013”のご案内


 九州大学Global COE「自然共生社会を拓くアジア保全生態学」の主催により、2013年 
12月3日(火)~4日(水)に、下記の要領で、熱帯アジアの森林問題や土地利用問題に 
関する学際的な国際会議 “Asia Forest Workshop (AFW) 2013”をカンボジア・プノンペン 
にて開催します。貴研究室のスタッフ、留学生や学生・院生をお誘いの上、ご参加いただ 
けると幸いです。 
また、ポスター発表を募集しております。研究報告やプロジェクト紹介等、アジア熱帯 
林に関わる様々な分野からの発表を歓迎いたします。 

プログラムやポスター発表申込等の詳細については下記添付ファイル(AFW2013_Announcement_v07.pdf)をご覧ください。 

AFW2013事務局 
溝上・加治佐・岩永 
(九州大学農学研究院) 

記 
Asia Forest Workshop 2013 - Interdisciplinary Discussion on Multiple Impacts of Forestry and Land use Change in Tropical Asia - 

日時: 2013年12月3日(火)~4日(水) 
場所: カンボジア・プノンペンホテル 
主催: 九州大学Global COE「自然共生社会を拓くアジア保全生態学」、 
カンボジア森林局 
共催(予定):九州大学農学研究院・理学研究院・東アジア環境研究機構 
       カンボジア環境省、カンボジアゴム庁 
ホームページ(参加申込、プログラムなど): 
http://www.conservationecology.asia/sympSemi/simposium/AFW2013 

問い合せ先:AFW2013事務局 
加治佐(kajisa@agr.kyushu-u.ac.jp) 
岩永(fumiko.iwanaga@forest.kyushu-u.ac.jp) 

目的・概要: 
地球環境問題として重要視されているアジア熱帯林の減少・劣化問題には、様々な要素 
が複雑に絡み合い簡単には解決できない場合が多い。今回の国際会議Asia Forest 
Workshop (AFW) 2013では、様々な分野の研究者・技術者・行政担当者が一同に会し、 
Water、Carbon、Biodiversityの3つをキーワードに、熱帯林業および土地利用変化のイ 
ンパクトに関する最新の知見についての情報交換を行い、熱帯アジアにおける持続可能な 
森林経営および森林生態系保全の実現に向けた、分野を越えた議論を展開することを目的 
としている。 
 12月3日午前中は開会式、GCOEリーダ・矢原徹一教授の基調講演、そして持続可能な 
森林経営に関する特別セッションがある。開会式は、九州大学農学研究院長・平松和昭教 
授、同演習林長・大槻恭一教授、カンボジア森林局Chheng Kimsun局長のご臨席のもと 
にとり行われる。特別セッションは、カンボジアの森林行政をリードする3名の方が最近 
提出された博士論文研究により構成されている。同日午後は、ポスターセッションとWater 
セッションがあり、その後、懇親会を予定している。ポスターセッションでは、個別の議 
論に加え、ポスター発表者それぞれによる2分間スピーチを予定している。Waterセッシ 
ョンでは、カンボジア森林局長による特別講演の他、3つの研究報告を予定している。 
 12月4日午前中はCarbonセッションであり、最近注目を集めている「森林減少・劣化 
からの温室効果ガス排出削減(REDD+)」に関する議論を展開する。カンボジア森林局次 
長および国際熱帯木材機関ITTOからの特別講演の他、3つの研究報告を予定している。 
同日午後はBiodiversityセッションであり、カンボジア環境省およびカンボジア森林局か 
らの特別講演の他に、GCOEの研究成果を含む5つの研究報告を予定している。最後は矢 
原徹一教授の講演により閉会する。 

AFW2013 Announcement

2013/10/02 19:38 に Tsuyoshi Kajisa が投稿   [ 2013/10/02 19:38 に Lina Kawaguchi さんが更新しました ]


2013/10/02 19:35 に Tsuyoshi Kajisa が投稿   [ 2013/10/02 19:35 に Lina Kawaguchi さんが更新しました ]


2013/10/02 17:47 に Tsuyoshi Kajisa が投稿   [ 2013/10/02 19:31 に Lina Kawaguchi さんが更新しました ]


1-3 of 3