アジア保全生態学‎ > ‎ホーム‎ > ‎無題‎ > ‎

公開シンポジウム「なぜウナギは減少しているのか?‐ウナギが告げる水辺環境の危機」

2014/01/17 4:04 に Masako Aya が投稿   [ 2014/01/17 4:20 に更新しました ]
2014年2月9日(日)12:45より、九州大学附属図書館視聴覚ホール(箱崎キャンパス)にて、ウナギを題材に、環境保全や生物多様性の持続的利用について考える公開シンポジウム「なぜウナギは減少しているのか?-ウナギが告げる水辺環境の危機」を開催します。皆様のご参加をお待ちしております。くわしいプログラム等についてはこちらのページをご覧下さい。
Comments