川口 利奈
 
・所属:九州大学理学研究院生物科学部門
・専門分野:行動生態学、送粉生態学
 
咲いては枯れていくさまざまな植物の花を、訪花昆虫がどのような手段で発見し、 季節をとおして利用しているのかを探っています。
主にマルハナバチという訪花 昆虫を材料にして、野外および室内での行動実験をおこなっています。
 
Lina G. Kawaguchi, Kazuharu Ohashi, Yukihiko Toquenaga (2006)
Do bumble-bees save time when choosing novel flowers by following
conspecifics?
Functional Ecology 20(2): 239-244

Lina G. Kawaguchi, Kazuharu Ohashi, Yukihiko Toquenaga (2007)
Contrasting responses of bumble bees to feeding conspecifics on
their familiar and unfamiliar flowers.
Proceedings of the Royal SocietyB: Biological Sciences 274(1626): 2661-2667

川口利奈 (2008)
他個体の存在を手がかりにしたマルハナバチの採餌行動
昆虫と自然 43(10): 12-15.

Mail:linakawaguchi@gmail.com

Homepage:http://sites.google.com/site/linakawaguchi/