武島 弘彦       
 
所属:   東京大学大学院農学生命科学研究科 特任助教 
      東京大学海洋研究所 海洋生命科学部門 分子海洋科学分野
 
専門分野: 進化遺伝学,保全遺伝学
 
福井県三方湖に生息する魚類の保全遺伝学的研究を推進するとともに,日本人にとって馴染み深い魚であるアユの遺伝的集団構造と地域適応に関する進化遺伝学的・
保全遺伝学的研究を行っています.  
 
主な業績
 
Takeshima, H., K. Iguchi, M. Nishida. 2009.
Ayu (Plecoglossus altivelis) in a contact zone between amphidromous and landlocked forms: genetic analyses of populations in theYodo River system. Zoological Science, 26: 536-542.
 
武島弘彦.2009.アユの遺伝的集団構造に残された謎. 渡辺勝敏,高橋 洋 (編). 淡水魚類地理の自然史<多様性と分化をめぐって>, p. 123-133. 北海道大学出版会.
 
Takeshima, H., R. Yokoyama, M. Nishida, Y. Yamazaki. 2005.
Isolation and characterization of microsatellite loci in the threatened brook lamprey Lethenteron sp. N.
Molecular Ecology Notes, 5: 812-814.
 
Takeshima, H., K. Iguchi, M. Nishida. 2005. Unexpected ceiling of genetic differentiation in the control region of the mitochondrial DNA between different subspecies of the ayu Plecoglossus altivelis. Zoological Science, 22: 401-410.
 
メールアドレス takeshim@ori.u-tokyo.ac.jp